スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
【5日目】生徒指導(講評、フェアチラシ、メニュー、校内新聞ラフスケッチ)、校内新聞、オートシェイプ、図の拡張子
2009-08-08 Sat 00:19
・校内新聞作成
今日は朝から校内新聞を作成しました。
そこでIrfan Viewによる画面キャプチャのやり方を学びました。
プリントスクリーンを使うよりも手軽に編集ができるので
この方法は知っておくと便利だなと感じました。

・紹介はがき講評
完成した紹介はがきを用いて
生徒たちが講評と相互評価を行いました。
早い段階で評価をつけている生徒がいたのは予想外でした。
しかしみんな真剣に他の人の作品を見ていたので、
色々と感じるものがあったようです。
中でも「俺、完璧なんです!」って言っていた生徒が評価後に
「自分はまだまだだなと思いました。」と言ってきたことが印象に残っています。
きっと広い視野で物事を見れるようになったのだと思います。

・フェアチラシ作成
昨日の教材を用いて
Wordのおせっかい機能と字下げ・ぶら下げを学びました。
やはりぶら下げと字下げがあるのとないのとでは、
見栄えも異なってくるんだろうなと感じました。
またグリッドやルーラーがあるにもかかわらず、
四角形の長さを測るのを間違える生徒が
相変わらず多いことに疑問を感じました。

・メニュー作り
ホットドッグ屋さんのメニューを作成しました。
昨日の色彩の勉強にもあった
食欲を誘う色などといったアイディアが盛り込まれていました。
こういう視点からも授業というものがつながりのあるものなんだなと感じました。

・校内新聞ラフスケッチ
最後に生徒たちが取り組んだのは校内新聞のラフスケッチ。
こっている生徒もいれば、
気楽に考えている生徒もいました。
ここで生徒がアドバイスをもらいに来てくれました。
普段、私の少し苦手なタイプの生徒。
そんな生徒とも楽しく話せるようになったので、
人間としても成長できたなと感じました。

・校内新聞
そして私たちも校内新聞を作成しました。
kaiteimae
kaiteigo
上が改定前の写真、下が改定後の写真(少し大きめにしておいてます)です。
紙面の攻勢が難しく、
また画像の配置にも少し手間取りました。
さらに印刷した紙とコンピュータ画面を見比べると
色の違いがはっきりと表れました。
実際に印刷した画面はオレンジ色がもっと濃かったです。
またタイトルはオレンジの補色の青・紫系を選択しましたが、
あまりきれいに映らなかったのが残念でした。
また、画像をHTML形式にまとめて保存できる方法も知ったので、
すこしずつ使いこなせるようにしていきたいです。

・オートシェイプ
続いてオートシェイプによる画像の作成に取り掛かりました。
一見単純なように見えて、奥が深かったです。
特にフリーハンドで描くと、
思うようにベクトル画像で曲線が描けずに苦戦しました。
練習あるのみだなと感じさせられた瞬間でした。
しかし「最初にすべての点の役割をきめておく」という
アドバイスを聞いてからは少しやりやすかったです。
photoshopやIllastratorでのイラスト・写真の編集や
画像の拡張子による違いなどはとても役に立ったと思います。
その特徴を下記にまとめます。
・GIF…色数が最大256色しかない。イラスト向き。
・JPEG…色数は豊富だが、背景の透過ができない。写真向き。
・PNG…両方のファイルの中間。
クリップアートもベクトル画像の組み合わせだとは思わなかったので
かなり驚きました。




・今日の反省
・ベクトル描画がうまくいかなかった。
・校内新聞の色の修正に戸惑った。
・生徒に適切なアドバイスができたか不安だ。

折り返し地点に立ち、
今この5日間のことを頭の中で振り返っています。
この経験を少しでも今後の生活に生かしていけるよう頑張りたいです。
別窓 | 未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
【4日目】生徒指導(はがき・フェアチラシ導入・専門学校引率)
2009-08-06 Thu 21:53
・生徒登校前
いつも通りの時間に登校したら、
T君とMさんはもう来ていました。
そのせいで新聞作成はかなり出遅れてしまいました。
明日からもう少し早く行けるようにしたいです。

・生徒指導
校内新聞を作成しながら生徒指導。
どうしても新聞作成作業にかかりっきりになってしまう。
もう少し生徒の方を見てあげなきゃいけないなと感じました。
でも生徒も気軽に質問してくれるようになったので、
だいぶ話しかけやすかったです。
校内新聞の画像を取り忘れたので、
今日は画像はありません。
すみませんでした。

・専門学校引率
今日は午後からDTPなどを行っている専門学校へ
生徒とともに行ってきました。
私は行き方が分からないと言ってきた生徒2名とともに移動。
昼食も彼女たちと一緒にとりました。
先生たちの話や、授業の話、
この授業についての感想など、色々な話が聞けて良かったです。
また、彼女たち2人は今日初めて話したというのに
すぐ打ち解けられていたので、
こういう講座の参加にはこういったところでも利点があるんだろうなと
実感させられました。
また、専門学校では他の生徒さんも色々話しかけてくれたので、
とてもいい雰囲気にはなってきたと思います。

・専門学校にて
過去の生徒さんの作品や、
授業の様子を見学させていただきました。
どの作品もどの生徒さんも生き生きとして見えました。
年賀状イラストの本のデザインや
フラッシュによる作品、
最終選考の5人以内に入った作品は
単純なものもあるように見えて、しっかり作られているものばかりだなと感じました。
色彩の授業は高校の生徒も積極的に演習に取り組んでいたので良かったです。
得意な生徒はとにかく作業が早かったです。

・放課後
生徒と別れた後は、
VX先生とT君とMさんで食事をしながら打ち合わせをしました。
校内新聞の中間審査も行われ、
テキストボックスの中央ぞろえと
配色などを指示されました。
明日こそは完成させたいです。




・紙面構成で大切なこと
専門学校の先生より。
・何を相手に伝えたいのかを明確にする。
・文字、イラスト、写真のバランスに気を配る。
・目をひく色を考える。
・最後に全体を見て、カラーの使いすぎに注意する。
 この時にハートなどの模様等も使いすぎないよう注意する。

・今日の反省点
・学校に来る時間が遅かったため、他の2人よりも出遅れた。
・校内新聞と生徒指導のバランスを考えるべきだと感じた。
・専門学校の色彩説明で、少し睡魔が襲ってきそうになった。
・生徒の名前を完全に覚えきれていない。

今日の感想
生徒の得意分野・苦手分野がはっきりと分かるようになってきて良かったです。
生徒も気軽に話しかけてくるようになり、
笑顔を向けてくれるようになったのが嬉しかったです。
ただ今日は反省点が多すぎでした。
もう少し責任を持ってしっかり取り組まなくてはならないなと思いました。
別窓 | 未分類 | コメント:1 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
【3日目】生徒指導(年賀状・案内状・はがき)・校内新聞
2009-08-05 Wed 23:41
・授業初日
本日はいよいよDTP基礎の授業開始の日。
いよいよ生徒さんとご対面です。
私は生徒を座席に案内する役をしました。

・授業開始
先生のTAをやらせていただきました。
生徒からの予想外の質問
(フォルダが別のフォルダの中に入っちゃった…。
Ⅳってどうやって出すんですか。など)
にはただただ驚かされました。
進み具合が速い生徒もいましたし、
遅い生徒もやはりいました。
でもどの生徒も真剣に取り組んでくれているのが分かったので
とても教えやすかったです。

・休み時間
座席案内時に話しかけてくれた生徒さんに話してみました。
そうしたら彼女の友達の生徒さんと
私の趣味が同じということでかなり盛り上がりました。
また同じ名前の生徒さんがいたので、
その話でも盛り上がりました。
また廊下で「暑いねー。」と言いながら
5分くらい話してかけてくれた生徒さんもいました。
(…教室に入れば冷房付いてるのに。)
最初は生徒さんと打ち解けられるか分からなかったのですが、
みんなちゃんと話しかけてくれたのでその不安はすぐに消え去りました。

・DTP教材を使って説明
先生が用意してくださった教材を使用して生徒に説明しました。
教材の内容は悪いポスターの改良過程を示したものでした。
最後に時間が押してしまったのが残念ですが、
でも生徒のみんなが「ここが変わった!」、
「どうすればいいのかが分かった。」などといったように
たくさん発言してくれたので、かなり説明しやすかったです。
そしてその知識を案内状で生かしてくれたのも嬉しかったです。

・はがき作成
午後は自由課題のはがき作成。
生徒たちの作品をラフスケッチの段階から見せてもらいました。
お弁当を食べてから急に元気になった生徒や、
午前中は作業についていけなかったのに
午後になったら率先してやっていた生徒もいたので見ていて面白かったです。
中にはアイディアに行き詰った生徒もいました。
その反対に新聞形式にしたり、
画像をずらして重ねたりするなどといった
奇抜なアイディアを出してくれた生徒もいました。
こういった生徒の作品を見ることが
自分にとってもいい勉強になるなと感じました。

・生徒下校
生徒が帰ってからはスキャナでラフスケッチを取り込んだり、
それをWordに貼り付けたものを印刷したりしました。
そのかいあってか、スキャナの作業はだいぶ慣れてきました。
でも単純作業なだけにずっとやっていると疲れてくるので、
これをいつも行っている先生の苦労が手に取るようによくわかりました。
明日、生徒の手に渡った時にどういう反応が来るか楽しみです。

・校内新聞の作成
続いて2つ目の自由課題の作成に入りました。
内容は校内新聞の作成。
初めてPublisherというソフトを使わせてもらいました。
このソフトはWordとほとんど似ている形態ではありますが、
印刷物を発行するのに適した形になっています。
まずWordと違って、用紙内に直接文字を入力することができません。
なのでテキストボックスを起動させないと、文字を入力できないのです。
また画像の色を変更することができたり、
グリッド線を縦に等間隔で何本も引けたり、
テキストボックス内の文字を上下中央ぞろえできたりするのです。
初めて使うソフトですがとても便利であるということが分かったので、
早くこのソフトを使いこなせるようになりたいです。
そして構内新聞のラフスケッチ。
以下のようになりました。
校内新聞ラフスケッチ
絵が描けないので、写真のところはファイル名だけになってしまいました。
これだけだとまだどういった形なのか分かりにくいと思うので、
明日一生懸命肉付けしてみます。




・今日の反省点
・教材説明に時間を遣いすぎました。
・生徒に個別に教える時に少し声が大きかったかもしれないです。
・校内新聞の構想が決まらなくて、ラフスケッチに時間がかかりすぎました。

・本日の感想
初めて生徒と接しました。
生徒が積極的に話しかけてくれるので、
生徒がいる間の時間はとても短く感じました。
少しずつ生徒とも交流していきたいです。
また校内新聞をどのように作成するかなどといった課題も残っているので、
明日以降も真剣に取り組みたいです。
別窓 | 未分類 | コメント:1 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
【2日目】学校紹介はがき・フェア告知・メニュー・オートシェイプ活用
2009-08-04 Tue 22:43
一緒にインターンシップを受講したMさんのブログを見て、
画像と本文を一緒に表示したほうが見やすいと思ったので
その形式を採用させてもらいます。
また、前の背景テンプレートだと
本文中の画像が一部切れてしまうため、
本日より背景テンプレートを変更しました。




・紹介はがき作成
紹介はがき
昨日作成した紹介はがきを改良しました。
先生が指定した短い時間で
昨日言われたことを全て改良するのが大変でした。
真ん中のハイライト画像を目立たせるために
同じ色の長方形を下に敷いたり、
テキストボックスの余白を調整したり、
文字数を増やして高さ調整をしたりなどをしました。
でも前より見やすいものができたので満足です。

・過去の作品閲覧
過去の作品を拝見させていただきました。
同じデザインでも色の違いで
だいぶ印象が変わるものなんだなと感じました。
またイラストの効果も実感することができました。

・他の授業の見学
昨日に引き続きロボットの授業と
救命処置の授業を見学させてもらいました。
 ロボットの授業でAIBOを見ることができました。
同じインターンシップ生のT君がいつも扱っているAIBOとは
かなり外見も印象も違っていたので驚きました。
おもちゃみたいでむしろかわいかったです。
 そして救命処置。
実習の時間にお邪魔させていただきました。
高校生と少し話ができて良かったです。
どの生徒さんも真剣に取り組んでいたので、
とても好印象でした。

・フェアチラシ
フェアチラシ
フェアチラシ製作にも取り組みました。
ここでは行間値やテキストボックスの空白設定、インデント、
プロポーショナルと等幅、Wordの余計な機能について学びました。
似ている名前のフォントでも
ここまで目に見えて差が生じるとは思いませんでした。
縦幅と横幅をそろえる作業は
一見地味なように見えて実は重要なことなんだなと感じました。
またフォントの幅を調整することで、
文頭が1文字だけになってしまう状況を回避できるというのには
ただただ驚くばかりでした。

・メニュー
メニュー
続いてホットドッグ・サンドイッチ屋さんのメニューを作成しました。
ここでは写真と文章のペアを等間隔に並べていく作業について学習しました。
家で一度作っていたので、
あまり悩むことなくできたのが良かったです。

・オートシェイプ活用
最後はオートシェイプで描かれたイラストを分解して、
そのイラストがどういう仕組みでできているのかを確認しました。
一つ一つのパーツは単純なものでしたが、
それがいくつも組み合わさることで
複雑なイラストになっていくというのが凄いと思いました。
また光の付け方はとても参考になりましたし、
同じ枠線の画像も向きを変えるだけで
立体的にも奥深いイラストにも見えるという現象が面白かったです。
そして改めて過去の作品を作った生徒の凄さを感じました。
自分には彼らを超えるアイディアを生み出すことができるのか不安にもなりました。




・本日の反省点
・オートシェイプの曲線ツールが使いこなせなかった。
・メモをとったり、別の作業をしたりして、先生の話を聴き逃すことがあった。

・本日の感想
今日は少し学校に慣れてきたからなのか、
昨日よりも疲れを感じなかったです。
またPremireでの動画編集は私の好きな分野だったので
拝見することができて良かったです。
明日からはいよいよ授業が始まるので
気をつけて取り組みたいです。
また今日のように少しでも生徒さんと話せるよう
ちゃんと生徒に話しかけられるようにしたいです。
別窓 | 未分類 | コメント:1 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
【1日目】授業紹介・年賀状・学校紹介はがき
2009-08-03 Mon 23:24
本日よりブログを開設いたしました。
このブログはDTPという分野と
インターンシップでTAという立場に初めて挑戦する
大学三年生女子の日誌です。


・顔合わせ
今日はインターンシップの初日でした。
そこで初めて一緒に実習するMさんとお会いしました。
優しそうな女性の方で安心しました。

・職員会議
生まれて初めて参加させていただきました。
初めて体験する場に緊張してばかりでした。

・基礎から応用への流れ
5枚で1組の資料をもとにして、
Wordの機能をフル活用しているが見にくいポスターから、
重要な分野のみを強調している見やすいポスターを作るまでの流れを
勉強させていただきました。
今までの私も太字などの装飾を使いすぎていたんだなと反省しました。
色を統一したり、無駄な空白をなくしたりすることで
すっきりとして見やすい文章になることも分かりました。

・授業見学
何度かにわたり、ロボット設計と応急処置の授業を見学させていただきました。
応急処置を学ぶ学校は聞いたことがありましたが、
プログラミングでロボットを設計するという学校は
商業高校以外では初めて聞いたので驚きました。
生徒の方々の生き生きとした目がとても印象に残りました。
中でも完成したにもかかわらず、
それに満足せず何度も改良していく生徒を見て
そのひたむきさに頭が下がりました。

・DTP課題作成
年賀状と案内状と
高校の紹介はがきを作成しました。
作品の画像は追記より公開いたします。
家で一回やっていたことだったので
復習も兼ねて色々学べました。
最後の紹介はがきはデザインに苦戦しましたが、
少なからず形になったので良かったです。



・紹介はがき講評
・タイトルでハイライトが見えない。
・行間値をそろえる。
・枠でテキストボックスを囲んだが、余白が狭いので窮屈に見える。
・写真の下と文章の下をそろえる。
・URLミスを直す。

・本日の反省点
・回数券を買うのに手間取っていたら、電車に乗り遅れた。
・お昼御飯を買いに行くのを忘れた。
・睡眠不足がたたって、少し眠くなってしまった時間があった。
・最後の画像のハードコピーの取り方の説明の時、
その直前にスキャナ画面を消してしまったため作業ができなかったこと。

…明日はこの反省点を生かして次なる課題に取り組みたいです。
【1日目】授業紹介・年賀状・学校紹介はがき…の続きを読む
別窓 | 未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
BACK | 初めてのDTP奮闘記 |

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

カテゴリ

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。